引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引っ越しの見積もりでぼったくられないためのコツ

引っ越しの見積もりでぼったくられないためのコツ

 

引っ越しの見積もりを取ったときにびっくりすることがあります。
それは見積もり金額が想定以上に高くなりやすいためです。
その結果、この業者は見積もりでぼってるんじゃ無いかと疑ってしまうことがあります。

 

 

その見積もり金額がぼってるかどうかというのは、
基準があります。
もともと引っ越しの見積もりは
荷物の量(トラックの大きさや必要人員、立地)+距離+日時(土日なのか平日なのか、繁忙期なのかどうか)
で決まります。

 

 

このため、びっくりするような見積もりが出たとしても、
荷物の量が多くて、距離が遠くて、繁忙期なら高くなりやすいです。
仮に何度か引っ越しをしてきて、同じぐらいの荷物の量や距離だった場合で、
しかも同じ引越し業者であったとしても、金額が全然違うことはよくあります。

 

 

理由は簡単で、料金が高くなる時期だったら基本的に金額が高くなりやすく、
安い時期だったら安くなりやすいためです。
一番が3月中旬から4月上旬です。

 

 

この時期は引越し業者としてもかき入れ時で、
その分、料金が高くても引っ越しを依頼する人が増えます。
安くする理由が無いため、必然的に高くなるんです。
だからこそ、今目の前の見積もりがぼったくりなのかどうかは、
どういう状況で見積もりを依頼したかによって随分と変わってくるわけです。

 

 

仮に、距離が近くてっていう場合でも、
荷物がそれなりにあって繁忙期なら、
やはり高くなります。

 

 

これは上でもお話したとおり見積もり料金の基本となるのが、
荷物の量+距離+時期だからです。

 

 

ただ、逆に言えば、安くするコツもあるわけです。
まずは荷物の量です。
大型家電や家具を減らすだけでも大分変わります。
見積もりはトラックのサイズに影響を受けますし、作業スタッフの数に影響を受けます。
3人よりも4人の方が高くなるのは必然だからです。

 

 

このため、大型家電・家具をこの際だからとざっくり整理すると、
トラックが小型で済み、且つ、スタッフも3人で済むかも知れません。
ただ、荷物を減らしたくない人にはこの方法は使えないのと、
少々の荷物を減らしたぐらいでは変わらないです。

 

 

これは基本的にトラックのサイズで料金が決まるからです。
次に距離ですが、これはどうにもならないです。
引っ越し先を近くにするっていうなら話は変わりますし、
料金が高くなるなら住んでるところを変えるというなら別ですが、
現実的ではありません。

 

 

最後にポイントになるのが「時期」です。
一番融通が利かせやすいポイントかも知れないです。
時期というのは繁忙期や通常期、閑散期といった大きな枠があります。
通常期は基本料金通り。
繁忙期は基本料金に割増。
閑散期は基本料金に割引です。

 

 

大抵は繁忙期の見積もりほど高くなりやすくびっくりしやすいので、
この時期にどうするかです。
他の時期でも同様ですが、
引っ越し時期をずらすことが出来るならば、とにかく繁忙期を避けます。
大抵は3月15日ぐらいから4月10日ぐらいまでを繁忙期としています。
※引越し業者によって設定が違いますが、引っ越しの忙しい時期のことです

 

 

この時期を外すだけで一気に安くなります(というか普通の金額になります)。
ただ、そこまで大きな時期変更が出来ない場合は、
土日祝日を避けます。
引っ越し料金というのは、需要が高いときほど高くなり、
需要が無い時ほどお得になるようになってます。

 

 

ものすごく需要と供給がはっきりしてるんですね。
このため、土日祝日に設定している場合は、
平日に変えちゃいます。
休みとるのかよ!ってなりそうですが、
安くなった分を稼ぐ事を考えたら、余程休んだ方がお買い得です。

 

 

さらに、午前の引っ越しよりも午後の引っ越しに回して貰うとさらに良いです。
これも多いのですが、朝から引っ越しをすることで早く引っ越しを片付けてしまいたい、
という人が多いためです。

 

 

とにかく一番安い方法は「業者さんに日時はお任せするから、一番安いようにして」という方法です。
実はこれが上に書いたどの方法よりも安くする方法です。
仕事を休む選択が出来るなら、思い切ってやった方が良いやり方です。
業者さんの都合に合わせて引っ越しを組むことで、
業者さんにとっては空いた穴に埋められるため、
結果的にメリットが大きいのでその分安くしますねって事が可能です。

 

 

これは繁忙期でも使える方法で、
大幅値引きにはなりにくいですが、
割増料金を抑えやすくなります。

 

 

見積もりを取るならば、まずここまで準備をした上で見積もりに望みます。

 

下準備が出来たら、複数の引越し業者から見積もりを取るのは必須

引っ越しの見積もりでぼったくられないためのコツ

 

安くなる条件を一通り揃えた上で見積もりを受けたとします。
しかし、それが一社だけですと、通常は言い値になりやすいです。
これは引越し業者側の論理もあって、
別にうちで契約してくれることが分かってるんなら安くする必要はないよねって話です。

 

 

このため、見積もり時に「他社さんの見積もりも受けてるんですか?」と
聞いてくるケースが多いです。
見積もりをその場で決めて欲しいっていう営業さんも多いです。
これは複数の見積もりを比較されることを避けたいためです。

 

 

安くしたいわけじゃ無い、別に相場だけ知りたいっていう人ならば、
見積もりを取るだけとるのも一つですが、
大抵は相場を知って、一番良さそうなところ(安いだけでなく印象も含めて)にお願いする人が多いです。
そういうことを望む場合、複数の見積もりをとることは大事です。

 

 

こうすることでその引越し業者がぼったくっているかどうかも分かりますし、
何よりは引越し業者の営業マンをみることが出来る点です。
複数の見積もりは営業マンを比べることが出来るので、
自分が安心出来ると感じる業者を選ぶ事が出来ます。

 

 

引っ越しは結局担当者によって随分と印象が変わるため、
嫌な営業マンに出会ったときは、見積もりが安くても避けた方が良いです。
もちろん、作業スタッフは別の人間ですが、
当面やりとりをするのは営業マンであるため避けたいと思った相手は避けた方が良いということになります。

 

 

でも、どうやって複数の見積もりを取るかです。
ネットが普及してきて出てきたサービスとして、
無料一括見積もりサイトというのがあります。

 

 

有名どころではこんなところです↓

 

引越し達人

ここは引越し契約成立後に各種割引特典や指定申込みでお祝い金などを出している珍しいサイトです。

 

ズバット引越し比較

こちらは業界最多クラスの引越し業者との提携数を持っていて、幅広く見積もりを依頼することが出来ます。成約後にプレゼントのチャンスもあります。

 

一括見積もりサイトは便利だけどデメリットもある

引っ越しの見積もりでぼったくられないためのコツ

 

上に挙げた一括見積もりサイトはまとめて見積もり請求をするのには楽なところです。
ただ、面倒があります。
それは見積もり依頼は一括で出来ますが、
その後の各業者との対応は個別に対応する必要がある点です。
しかも、キャンセルなどについてはその都度伝える必要があります。

 

 

これが嫌で無ければまとめて見積もりを取るという点で楽なのですが、
そういうのは嫌いという人にとっては使えない仕組みです。
では方法が無いかというと、最近出てきた新しい仕組みが、
この不満に対応してくれています。
それがこれ↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

ここは今までの一括見積もりサイトとは違って、
最初にやりとりをするのがサポートセンターになります。
サポートセンターの方で引越しに必要な情報をヒアリングしてくれ、
それを元にサポートセンターが引越し業者に
見積もり依頼を出してくれます。

 

 

普通はここで各業者と対応する必要がある部分を、
サポートセンターが代わりにやってくれ見積もりを取ってくれます。
しかも、複数の業者から見積もりを取ると言うことは、
一社以外、あるいは全部をキャンセルする可能性もあります。

 

 

このキャンセルについても管理画面からキャンセルを選択するだけで
キャンセルが出来るありがたさです。
徹底的に見積もりを取ることに対するストレスを排除しようとして
出来た仕組みです。

 

 

もちろん、事前にどこかで見積もりを取っている場合は、
その状況をサポートセンターに説明して、
その業者からの見積もりは取らないよう話も出来ます。
こちら側の事情を考慮してもらい、
その上で見積もりを取って相場を知ることが出来る便利なサイトです。

 

 

今目の前の見積もりがぼったくりかどうか心配な時、
あるいは引越しの見積もりでいろいろと不安なときには
強い味方になってくれます。
不安なときには、とりあえず相談してみると最適な方法を教えてくれます。
お申し込みはこちらから↓